モグワン 給与量

このエントリーをはてなブックマークに追加

モグワンの1日の給与量は?愛犬の適正量を知るには

 

モグワン

 

ここでは、愛犬に与えるモグワンの目安となる給与量をご紹介いたします。

 

大事な愛犬に合わせるようにして下さいね。

 

 

  • 家の愛犬の給与量はどれくらい?
  • シニア犬の場合は?
  • 子犬に与える適正給与量は?
  • モグワン1袋で何日分ある?

 

 

などと言った事が気になりますよね、毎日適当に与えるだけでは健康を害してしまう場合もあります。

 

愛犬の年齢や体重によっても、モグワンの与える量も変わってきますので良く理解して与えるようにしましょう。

 

給与量

 

 

 

それでは、あなたの愛犬の1日の給与量はいくらぐらいなのか

 

調べて、適量を与えてやって下さいね。


 

 

モグワンの体重別1日の給与量の目安

 

ドッグフード

 

モグワンの公式サイトを見ると、体重別1日の給与量の目安がのっています。

 

給与量一覧

 

犬種によって成犬と子犬でも、体重が同じの場合、子犬の方が1日の給与量が少し多くなっている感じですね。

 

モグワンのパッケージにも記載されている給餌量はあくまでも目安です。

 

 

表を参考にして、愛犬に毎日食事をあげていても、やせ過ぎかな?太り過ぎのよう?と思った場合はご飯の量を調節する必要があります。

 

与え過ぎに注意

 

モグワンの愛犬が1日に必要なカロリーの計算

 

パッケージに記載されている適量はあくまでも目安です。

 

 

さらに、詳しく給与量を出すには、体重や活動量などを入れて計算するのがおすすめです。

 

 

計算する場合は、愛犬の安静時のエネルギー必要量(RER)と1日の必要エネルギー量(DER)という数値を使います。

 

適正給与量を計算

 

 

  1. 安静時のRERを計算する
  2. DERを計算する
  3. モグワンの100gあたりのカロリーは363kcal
  4. 1日に必要なフードの量を計算する

 

 

安静時のRERを計算する

 

 

犬の定数とは=70に定まっています

 

】⇒体重が3kg

 

体重が3kgの場合は3を三乗する。

 

3×3×3=27

 

27で電卓の√(ルート)を2回押す。

 

=2.279・・・

 

この2.279に70(定数)をかける

 

2.279×70=159.5

 

よって、約160kcal/日となります。

 

 

RERから1日の必要エネルギーDERを計算する

 

 

RERの数値がわかったら、DERを計算してみましょう。

 

DERは、 RER ×活動係数となります。

 

活動係数は一覧表に数値が出ていますのでそれを使います。

 

(活動係数)

離乳〜3か月 3.0
4か月〜9か月 2.5
10か月〜1歳まで 2.0
1歳以上の成犬 1.8
不妊手術済みの犬 1.6
活動的な犬 1.6
肥満傾向の犬 1.4
減量中の犬 1.0
増量中の犬 1.2〜1.4
妊娠1〜4週 3.0
妊娠5〜6週 2.5
妊娠7〜9週 2.0
授乳中の犬 2.0
成長期の犬
老犬 1.4

 

もし、1歳以上の成犬の場合は活動係数が1.8ですので

 

上記で体重が3kgの場合が160kcalとRERが出ましたよね。

 

 

なので、DERは、160×1.8=288ですね。

 

 

1日に必要なフードの量

 

計算方法は、DER ÷(餌の100gあたりのカロリー)× 100 = 1日のフード量(g)となります。

 

モグワンは、パッケージを見ると、100gで363kcalとなっています。

 

DERは、288でしたよね。

 

すると、288÷363× 100 =83.7なので

 

1日に79g与えればよいと言う事になります。

 

 

1日に2回与える場合は、1回分が79gの半分になり39.5gになりますね。

 

モグワンのパッケージに書いてある量より、やや多めになりますが、パッケージに書いてある値はあくまでも目安ですので

 

正確に出す場合は、活動係数に合わせると良いでしょう。

 

 

モグワンは我が家の愛犬で何日分?

 

カレンダー

 

モグワンの1袋の量は、1.8Kg入りです。

 

先ほど計算した、1歳以上の成犬の場合は、1日に83.7g与えればよいと言う事でしたね。

 

 

なので、1800g÷83.7g=21.5 ですので約21日分となります。

 

 

子犬や、避妊去勢している犬、肥満気味、シニア犬など、犬の状態で違ってきますので

 

自分の愛犬で、1度計算してハークしておくと良いでしょう。

 

 

常に愛犬の体重を測定しましょう

 

体重管理

 

体重のわずかな変化は見た目では、なかなか気付きにくいものです。

 

そのため、日頃から愛犬の体重を測定しておくことが大切です、週に1回程度は測定しましょう。

 

 

測る場合は、犬を抱いて体重計に乗り、体重を測定した後に、人の体重を引き算すると犬の体重を測定することができます。

 

 

フードの食べ方の違いと与え方

 

犬は、1回で1日分の量のフードを食べることが出来るほど大きな胃を持っていますが、

 

1日分のフードを1回で与えるというやり方はあまりおすすめできません。

 

 

回数が1日1回だけの場合は、慌てて飲み込んでのどに詰まらせたり、肥満になりやすいともいわれることから、

 

成犬では1日分を2回に分けて与えるのが良いと言われています。

 

 

また、子犬の場合は、消化器官の成長がまだ不十分なので、一度の量で消化や栄養吸収をすることがうまくできません。

 

そのため、食事の回数を1日4回にして1回あたりの量を減らしてあげる事が必要です。

 

 

犬は、食べ物を与えるとお腹一杯になるまでいくらでも食べてしまいます。

 

モグワンのパッケージに表示してある給与量の目安を参考にしたり

 

愛犬のカロリーの計算をしたりして、体重や健康状態にあわせて与える量を調節してく ださい。

 

 

肥満になると、色々な病気を引き起こす要因になってしまいますので、きちんと管理してあげるようにして下さい。

 

また、新鮮な水を常にフードのそばに置いておくようにしましょう。

 

ライフステージ別の分け方

 

成長による食事管理

 

犬は、 成長段階によって必要とするエネルギーの量が違ってきます、そのため、 市販のペットフードの多くは、 ライフステージに合わせた栄養設計がされています。

 

各ライフステージに合わせて食事の管理をしましょう。

 

●哺乳期

 

生まれてから30日程度までの期間をいいます。この時期は母乳で成長します。

 

市販のミルクを利用する場合には、犬には犬用のミルクを与えます。

 

●離乳期

 

生後約 20 日から 60 日くらいまでの期間をいいます。

 

犬用の離乳期用フードも販売されていますが、 手に入らない場合には、 子犬用 (成長期犬用) フードをお湯やミルクでふやかして与えることも可能です。

 

●成長期

 

小型犬では生後約 50 日から 10 ヶ月程度、 中型犬では生後約 50 日から1年程度、

 

大型犬では生後約 50 日から1年半程度、 超大型犬では生後約 50 日から2年程度の期間をいいます。

 

市販製品では、 子犬用 (成長期犬用) のフードがあります。

 

●成犬期

 

成長期以降の7年間程度の時期をいいます。

 

市販製品では、 成犬用のフードがあります。

 

●高齢犬期

 

約7歳から8歳以降の時期をいいます。 (老化のスピードには個体差があるため、 すべての犬がこの時期から高齢犬というわけではありません。)

 

市販製品ではシニア用のフードがあります。

 

 

ドッグフードを替える時の注意点

 

フードの切り替え

 

 

食べなれていないフードに急に替えると、犬によっては吐いてしまったり、消化不良により下痢をすることもあります。

 

 

中には、いきなり全量変えても平気な犬もいますが、基本的には、今までの食事に少量づつ混ぜ、

 

1日目は新しいフードが1割程度、今までのフードが9割程度からスタートし、

 

徐々に新しいフードの割合を増やし、体調を見ながら1〜2週間程度で新しいフードに切り替えて下さい。

 

フードの切り替え

 

また、これは平均的な目安であり、個体差によりかなり違いがありますので、食事の変更はできるだけゆっくりと行うのがポイントです。

 

その後、新しいフードが愛犬に合うかどうか、完全に切り替えた後、2週間〜4週間の体調を良く観察してみて下さい。

 

 

体型に変化がないか、ウンチの状態はどうか、以前のフードと比べて食いつきはどうか、などを観察して見て下さい。

 

合わないなと思ったら、他のフードに変えて見るのもいいですね。

 

>>モグワンへの正しい切り替え方

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
page top